スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪に高速バスで行ってきた(快適高速バス?)

お仕事関連で大阪まで先週末行ってきました。

えぇ、高速バスで。

旅費を節約するためには、高速バスは基本です。

そんでもって、朝ついて夜また高速バスで帰る。

0泊2日。

基本です。

一般的な社長様は、「タイムイズマネー」なわけで「時をお金で買う」の
かもしれませんが、一般的でない貧乏社長様は「お金で時を売る」わけです。

だから、高速バス。

新幹線だと2時間くらいで着くかもしれませんが、8時間かけて移動。

でも、今回は旅費を仕事がらみで出していただけたので、
超高級?凄く快適?な高速バスを行きだけはチョイス。

帰りはイメージ通りの高速バス。

乗ったバスはこちら。

コクーン

なんか、豪華。

帰りの新大阪-東京区間が6000円だったんですけど、
コクーンは倍の12,000円近くしました。
(どちらも祝日前料金です。)

倍、快適なのか?と聞かれると

う~~ん・・・・・

足元が狭すぎるんですよね。
睡眠熟睡度でいうと、帰りのバスの方が寝れたかも><


でも、洋画が見れます。

う~ん・・・・・

女性の方とか、隣を意識せずに良い。という点はいいんでしょうね。


まぁ、6千円違うなら。
一泊してホテル泊まった方が良いかもしれません。





安いやん><



大阪では「たこ焼き」食べましたよ^-^

哀しき応援の行方

昔、レコードが全盛だった時代。

何度も聞くと擦り切れて音が悪くなったそうです。

いま、CDだとか音楽ファイルの時代となり、
予備の保管が必要となくなりました。

その時代に、同じCDを何枚も買う人たち。

ファン以外の多くから、CD付投票券と言われる
AKB48の音楽CD。

僕の知人にも、AKBオタというのがいて、その
知人から、今回3位になった人を投票してほしい。
そんな、お願いが来ました。
買わなかったけど・・・・

まぁ、あれです。

ファンの方々の大きな原動力は、

お気に入りのアイドルの笑顔がみたい。
そのために、去年よりも良い順位にしてやりたい。

じつに純粋といえば、純粋であります。

大きなお金が動かなければ・・

今回の、AKB総選挙の最も注目された点は、

前田敦子と大島優子のトップ争いだといっても
過言ではありません。

昨年、2位になりながらも、映画公開という強い
後ろ盾を得た「前田敦子」

中間選挙で、わずかに上回り貫録を見せた
大島優子。

どちらのファンも必死にならざるを得ません。

そして、勝負には敗者がつきものです。

勝者のファンは、清々しい気分で美味しいお酒が飲めるでしょう。

敗者のファンは、悔しい気分と失ったお金を後悔するのではないでしょうか?
まるで、競馬の勝ち馬投票券の様に。

勝者の勝ち取ったもの。
敗者の失ったもの。

それを考えると、哀しき応援。

せめて、商品価値であるCDを、文字通り擦り切れて無くなってしまうぐらい
聞きながら今日の夜を過ごされる。

どんな綺麗ごと、どんな恨み節を言っても始まらないのであれば、自分が購入し
た商品に、それだけの価値があった。

そう思い込むこと。
それが、多くのアーティストたちの記録を塗り替えた、AKB48ファンの
正しき今夜の過ごし方なのかもしれません。

せめて、限界まで戦ったファン一人一人が報われる。
利益を得た「大人達」は考えてやってもらいたいと願います。

大切なお役目でございますね^-^

そのように言われる職というのは、どういった仕事でしょうか?

人命救助?
海外への架け橋?
新しき時代への挑戦?

なんか、凄そうなお仕事が思い浮かびます。

仁 7話をみていたら

母親が子供に、現在の仕事内容を尋ね、

「それは大切なお役目でございますね^-^」

その様なセリフがありました。


たぶん、

人がやる気になる言葉の一つに

「大切な仕事ですね。」

ありますね。
えぇ、ありますね。


でも、その大切な仕事は特別な能力がある人や
とっても、優秀な人しか出来ないのか?が気になります。

たしかに、

「よりよいニッポンを作るんだかんね。
ものすごく、よりよくなっちゃうんだかんね^-^」と
思うのは簡単ですが、実際どうしたら良いかというと。

まぁ、明日から頑張ろう!!
そうだ!明日から頑張ろう!

というのが、関の山ではあります。

でも、身近にきっとあるよね。

「大切なお役目」が・・・

僕は、金はないけど夢がある。
そんな新規立ち上げを応援する。

そういう思いで、ホームページ制作やるのです!
いろんな人の夢を形にするお仕事と思えば、
「大切なお役目」なのかもしれません。

まぁ、格安価格で そこそこ だけど情熱あるホームページ制作

高所恐怖症のバンジージャンプ

マザー牧場にて、勇者様数名とバンジージャンプを体験した。

全てのアトラクション体験の最後に体験した。
今までのアトラクション体験を塗りつぶす恐怖体験。


ここで実感したのが、自分が改めて高所恐怖症なのだということ。

下から眺める。
飛んでる人を見る。

そういうのは2日間で、注目していたので、じっくりと見てきた。

まず、前提として事故はない。それは大丈夫だと信じていた。
ゴールデンウィークにバンジージャンプで、お客を怪我させたら
僕よりも経営側が痛い。
もちろん、自己責任とかに署名させるが、最悪があった場合、
イメージ的に、痛烈に痛いはずだ。

大丈夫と信じた理由の一つに、腰バンジーは安全。というのも
ある。

ロープが切れて、落ちてしまったとしても、相当厚くて広い
マットがある。たまにニュースで見かける消防車などが用意する
ものの10倍くらいありそうな厚みと広さ。
安全だ。安全は確保された。

安全が確保されていれば、高いところは好きだ。
足がすくむかんじ。膝の裏あたりが氷で冷やされるような気分は
好きだから大丈夫。

そのはずだった。

まず、下で金具とかベルトを装着してもらう。
(後から思うと上に登ったあとで、「はい、片足あげてください。」とか
言われても無理に決まっているので、これは良かった。)
この段階では、それほど恐怖心はない。
その時、一番心配だったのが網目の階段を登って上まで行くこと。

地上7階だか8階まで網目の階段。
360度見放題。バカなの?ホントにバカなの?


自分の順番まで下で待機。
両隣には、友人がいる。
この段階でも、それほど恐怖心はない。
上まで登れれば、行くしかない。安全は確保されている。
そう思っていた。
心配は、何度も言うが網目の階段。

そして、順番。
おバカな網目の階段を上る。
下は絶対に見ない。
途中から横も怖いので、上だけ見る。
もちろん、両手は手すりに、しっかりと捕まって登る。
下で待っていたとき、怖い時間が長いほど怖い。
走って登ってやろうかとも思ったが、実際は出来ない。
下は本当に見なかったが、横はたまに目に入る。
おそらく下をみたら、これ以上登れなくなる。
うずくまってしまう可能性がある。
リタイアは出来ないことはない。

でも、高所恐怖症だからわかるが、階段は登るより
降りる方が怖い。
下を絶対に見ないで階段を下りるのは難しい。
たぶん、落ちる方が怖くない。少なくとも時間は短い。
なんでこんなの作ったの?バカなの?
そう思いながら、登頂。

友人が飛ぶのを5,6メートル手前で見ながら待つ。
しかし、恐怖心は視界を狭くする。
上に登ってからは(スケルトン。胸より上は鉄網すらない。)
飛ぶときの合図である。
「3、2、1バンジー」という掛け声は確認する。
先に行った友人は飛んだようだ。

いつの間にか、後ろに古くからの友人が登ってきていた。
たぶん、なにか話をしたのだろう。
覚えていない。


いよいよ、自分の番だ。
スタッフに「はい、こっちへ来てください。」と言われる。
仕組み的に当然と言えば当然だが、張り出した飛び込み台
みたいな所を、しっかり手すりにつかまり進む。
下はもちろんみない。横も見ない。上も見てない。
あれ??
それでも、なんとかスタッフの人の横に付き、ロープを結んでもらう。
たぶん、結んでもらったんだろう。
説明をされる。たぶん、説明していたんだろう。なんか話しているのは
聞こえたが、膝の震えで、それどこではない。
前から飛ぶか?後ろから飛ぶか?聞かれる。
冷静に「どっちが怖いですか?」と確認した。それは覚えている。
「前からのが景色が見えるので怖いです。」、まあそうだろう。
後ろ向きになる。後ろ向きになるということは、次の順番を待つ
友人が立っているはずだが、全く気が付かなかった。
前も横も下も上も見ていない。恐怖心は視界を狭める。

この後、後ろから飛ぶのだが、両手はしっかりと手すりを握っている。
手すりを離して頭の後ろで組んでください。
そんなことを言われているが
「風が強いから手すりを離したら落ちちゃうでしょうが。」と怒鳴りたくなる。
もう、なんでここに立っているかも理解していない。

とにかく、「3,2,1バンジー」で落とされる。
ポールクッションのようなものと一緒に落ちるのですが、それでテコの
原理を使い押してくれる。

浮遊している間は、階段や上で待っている時よりは怖くなかった。
終わった。という安心感でいっぱいだった。


網目の階段、網目の飛び込み台。この2点が厄介ですが、
押してもらえるので、高所恐怖症でももれなく飛べます。
オススメ。


【送料無料】おとなの自由研究

【送料無料】おとなの自由研究
価格:1,050円(税込、送料別)


貧乏だけど運はある!

う~ん、相変わらず貧乏。
なんか、厳しい現状だなぁ。。。


まぁ、でも。
貧乏だけど元気に暮らせている。

それはなによりのこと。


今回の地震で被害にあわれた方からしたら
命があるだけ、身体が動くだけ儲けもの。

そんな気がする。

とことん、そんな気になって、がんばろうと思える動画です。

お気に入りに追加してみる
毎日更新しますよ(ノ∀`)

お気に入りに追加
プロフィール

hukkatu

Author:hukkatu
どん底だって思えるうちは、
まだチャンスあるよね!
一緒に頑張ろうね^-^

最新記事
カテゴリ
相互リンク
お世話になっているサイト様
最新コメント
ブログランキング
クリックすると僕がとても喜びます

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

人気ブログランキングへ

アフィリエイト収入
11月1日から11月30日まで
5,133円

120円
アクセストレードレビュー
204円

1243pt

596円


6300円
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ぴたっとアド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。